「人類の過程と道具」をテーマに人とモノとの関係性を探っています。
人間は生きる上で様々な知恵や工夫を凝らしてきました。
さらに人の想い、環境など様々な要素が加わり、
カタチとしてのモノを生み出してきました。
​C'LANKは現代において、これまでの
「人とモノとの関係性」を再認識しながら
豊かな感覚に触れる「モノ」を生み出しています。
Hands
_DSC0077.jpg
CLANKとは金属などが当たったときの「音」という意味。
五感を刺激するような道具でありたいという思いが込められています。

copyright あけがね工作研究所 all lights reserved.