ローマン体
セリフ(端の特徴的な形)が付いている書体。
西洋の歴史的建造物にも使われていたりとその歴史はかなり古い。
平筆での手作業感をそのまま書体にしているのでどこか温もりを感じる。
​主観:伝統的、落ち着いた、重厚感、歴史、高級感、洋風
​ローマン体のおすすめは大文字のみで組むことです。
古典的な文字は大文字しかなかったため再現すると雰囲気が出ます。
​また、少し太めで組んだほうが強弱が出ます。

copyright あけがね工作研究所 all lights reserved.